ハートフル講演会

第22期
『ハートフル講演会~お寺で開く土曜講演~』
5月6日スタート! 受講者募集
ハートフル講演会とは?

西本願寺鹿児島別院では、各界で活躍する方を講師としてお招きし、さまざまなお話をいただく講演会「ハートフル講演会」を開催しています。
22年目を迎える本年も、各界でご活躍の方々をお迎えしてお話を伺います。
いろんなお話を聞いて、あなたもお寺で“ハートフル”になりませんか。
今期の講師をご紹介しましょう。

砂田 光紀

5月6日
砂田 光紀 (すなだ こうき)

ミュージアム・プロデューサー

演題:旅せよ鹿児島人~薩摩スチューデントからのメッセージ~

混迷する時代、あふれる情報の中であなたは何を求め、何を得ているのでしょうか。幕末薩摩の若者たちからメッセージをお届けします。 1963年、鹿児島市生まれ。博物館学芸員を経てオフィスフィールドノートを設立。全国の博物館、公共施設、店舗、街づくりの統括プロデュース、再生プランを手がける。地域の魅力を発掘し、磨き上げる作業から、具体的なデザインや運営プランまでを提案する。
近代化遺産の評価活用を目的に2005年、『九州遺産 近現代遺産編101』を刊行。2015年に第8版増版。新宿・四谷の廃校を利用した「東京おもちゃ美術館」の総合プロデュースや、世界遺産に登録された旧鹿児島紡績所技師館(異人館)内の企画展のデザイン・プロデュースを担当した。
2014年7月には総合プロデュースした「薩摩藩英国留学生記念館」がオープン、現在11万人を動員している。日本経済新聞「アプローチ九州」欄に連載中。

プロフィールを見る
河野 義行

6月3日
河野 義行 (こうの よしゆき)

松本サリン事件被害者

演題:今を生きるしあわせ

昭和25年愛知県生まれ。名城大学理工学部卒業。昭和51年長野県松本市に転居。
平成6年6月「松本サリン事件」に遭遇。被害者でありながら、長野県警の家宅捜索を受け、マスコミからも容疑者扱いされる。翌年3月20日「地下鉄サリン事件」が発生。結果的にサリン事件への関与が否定された。
平成13年8月、犯罪被害者の支援機関として特定非営利活動法人(NPO)=リカバリー・サポート・センター」に参加、現在顧問。平成14年7月から長野県公安委員を務める。平成22年に終の棲家として鹿児島に転居したが、平成28年4月に兄の看病のため愛知県に移住。現在は報道被害や人権問題などについて講演や執筆活動に取り組んでいる。

プロフィールを見る
とみなが 和江

7月1日
とみなが 和江 (とみなが かずえ)

NPO法人宇宙アドバイザー協会 代表理事

演題:鹿児島と宇宙と

宇宙は特別なことじゃないですよ。これまでの経験を交えながらお話ししたいと思います。 鹿児島県南九州市出身。高校2年の夏、ロケットが飛翔していく姿を自宅の窓から見た瞬間に宇宙の仕事に就きたいと思う。九州電子計算機専門学校鹿児島校(当時)を卒業後、宇宙技術開発株式会社に入社。種子島宇宙センターでのロケット打上げ関連業務、国際宇宙ステーション/「きぼう」日本実験棟や日本人宇宙飛行士に関する広報支援業務等を担当。退職後、教育研修コーディネーター・宇宙アドバイザーとして筑波と鹿児島を拠点に活動を開始。NPO法人宇宙アドバイザー協会代表理事、鹿児島県肝付町「きもつき宇宙協議会」メンバーを務めながら学校等で宇宙に関わる講演を行っている。

プロフィールを見る
岡村 喜史

8月5日
岡村 喜史 (おかむら よしじ)

中央仏教学院講師

演題:明治時代の本願寺による薩摩開教について

1962年奈良県生まれ。龍谷大学大学院博士課程単位取得退学。龍谷大学准教授を経て、現在は、中央仏教学院講師、武蔵野大学非常勤講師、本願寺史料研究所委託研究員などを務める。
大学院の時から真宗史を専門分野として研究を進め、全国の寺院に所蔵されている掛け軸や古文書などの実地調査を通して、各地域の真宗の歴史解明に取り組む。著書に、『西本願寺への誘い』(本願寺出版社)『蓮如畿内・東海を行く』(国書刊行会)『誰も書かなかった親鸞』(共著)(法蔵館)などがある。

プロフィールを見る
菅 純和

9月2日
菅 純和 (すが じゅんわ)

月刊誌『御堂さん』編集長

演題:かんにんな

今この国に一番欠けているのは「寛恕」の精神です。自分は今までどのように許されて来たかをお話ししたいです。 1951年、大阪市生まれ。龍谷大学文学部仏教学科卒業。大阪市北区にある、浄土真宗本願寺派・光明寺の住職を務める。
大阪市にある本願寺津村別院を拠点に制作している月刊誌『御堂さん』の編集委員を1978年から務め、2002年から編集長として制作にあたっている。

プロフィールを見る
桃月庵 白酒

10月7日
桃月庵 白酒 (とうげつあん はくしゅ)

落語家

演題:笑いは気から

肩の力を抜いて、気軽にお楽しみください 1968年鹿児島県生まれ。1992年4月早稲田大学除籍後、五街道雲助へ入門。前座名を「はたご」と称し、同年6月鈴本演芸場にて初高座へ上がる。2005年9月真打に昇進し、「三代 桃月庵白酒」を襲名。第10回林家彦六賞、花形演芸会「大賞」、彩の国落語大賞などを受賞。現在、社団法人落語協会に所属。数々のテレビ・ラジオに出演している。

プロフィールを見る
外松 太恵子

11月4日
外松 太恵子 (そとまつ たえこ)

青少年問題カウンセラー

鹿児島は今は亡き父祖の地です。いつも「薩摩おごじょは日本一」と夫が申しておりましたので、ドキドキしながらお話しいたしましたのは35年前です。素敵な薩摩の皆さまとご一緒にお念仏称えるご縁をとてもうれしく思います。 福岡県在住。1977年、北九州市教育委員会が「市立少年相談センター」を設置するにあたって、開所当初から現在まで青少年とその関係者のカウンセリングにあたる。
これまで、北九州市青少年問題協議会委員や、福岡県いじめ問題対策審議会委員、福岡教育大学非常勤講師などを務めた。
現在は、「北九州夜の子ども相談室」の代表として、青少年問題、家庭教育、生涯学習、性教育などに取り組む。また、幼稚園・保育園から大学生まで含めた学生や教職員への講演会や、執筆活動などを通して青少年の健全育成と要請に応じてカウンセリングにあたっている。
著書に、『悩みのち晴れ』(本願寺出版社)や『スイッチをONにして』(探究社)などがある。また、月刊誌『御堂さん』の編集委員で、毎号執筆も行っている。

プロフィールを見る
観山 正見

12月2日
観山 正見 (みやま しょうけん)

広島大学学長室特任教授
浄土真宗本願寺派 広島県・長圓寺住職

演題:かなたからのひかり

宇宙の中での私たちの存在とおかげさまを、“宇宙法話”を通してともに味わいましょう 1951年広島県東広島市生まれ。
京都大学理学部、同大学院理学研究科博士課程修了。理学博士。専門は理論天文学。
京都大学理学部助手、国立天文台助教授、教授を経て、2006年から2012年9月まで国立天文台長を務める。
同4月より、広島大学学長室特任教授に就任し、2015年8月からは神戸大学理学研究科惑星科学研究センター特命教授・センター長も務めている。
また、公益財団法人天文学振興財団理事長も務めるなど天文学の振興にも尽力しながら、東広島市にある浄土真宗本願寺派・長圓寺の住職として、日々浄土真宗のみ教えを伝えている。

プロフィールを見る
内容 会員制による月1回の講演会(全8回)
時間 毎回土曜日 13:00~15:00
場所 西本願寺鹿児島別院・本堂
定員 400名
参加費 年間 10,000円
参加対象 どなたでもお申し込みいただけます。
申込方法

① 直接訪問して申し込む
西本願寺鹿児島別院、また市内各地の出張所にて、年間受講券を取り扱っておりますので、直接お問い合わせください。

② 電話・FAX・ハガキで申し込む
電話、FAX、ハガキでもお申し込みいただけます。お電話の場合は、「ハートフル講演会受講希望」の旨をお伝え下さい。
FAX・ハガキの場合は、氏名・住所・電話番号・生年月日・性別をご記入の上、西本願寺鹿児島別院・ハートフル講演会事務局までお送り下さい。
第1回講演の際に、10,000円と年間受講券をお引き換えいたします。
▼FAX
099-226-4526

▼ハガキ
〒892-0842 鹿児島市東千石町21-38
西本願寺鹿児島別院 ハートフル講演会係

③ インターネットから申し込む
下のお申し込みフォームよりお申し込みください。後日、事務局よりご連絡させていただきます。